ハーレクイン・ヒストリカル

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ヒストリカル。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

囚われの聖女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カトリックへの信仰を王に対する反逆だと断罪され、砦に囚われたトニアは、死刑執行人が来るのを待っていた。最期までキャヴェンディッシュ家の名を汚さぬよう、恐怖にも寒さにも耐えて気丈でいなければ。やってきた死刑執行人はトルコ石色の瞳の謎めいた男だった。彼ならば願いを聞きいれてくれるかもしれない。トニアは彼に一夜の延命を請うた。しかし、処刑を命ぜられたサンドルには、どうしてもトニアを処刑し、王の下に彼女の心臓を届けなければならない理由があった…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィリップス,トーリ
米サンディエゴ大学を卒業後、女優、脚本家、詩人と多方面で活動を続けてきた。シェークスピア作品を含め、四十作以上の劇の演出も手がけている。現在はワシントンDCにあるフォルガー・シェークスピアン・ライブラリーで女優としても活躍中。夫とともにヴァージニア州に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

魅惑の修道女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ロビンは、ディ・バラ家に蔓延する“結婚”という呪いに脅えていた。一生ひとりの女に枷をはめられるなど、とても受け入れがたい。呪いを解いてくれるという人物を求めて旅立った彼は、立ち寄った修道院で殺人事件に遭遇してしまう。「わたしたちを殺すつもりで、戻ってきたのね!」突然言葉を投げつけてきたのは、透き通るような白い額に果実のような唇を持つ、美しい修道女だった。彼女の姿を前に、金縛りに遭ったかのように体が動かなくなって、ロビンはめまいすら感じた。彼女こそ、わたしを翻弄し、破滅させる女に違いない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シモンズ,デボラ
日本では『狼を愛した姫君』でデビュー以来、ナンバーワンの人気を誇る作家。米オハイオ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

悲運の花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
目覚めたとき、ジョージ・グラントは見知らぬ土地にいた。スコットランド沖を航行していた船が難破し波間に放り出されたが、奇跡的に岸に打ちあげられたらしい。だが、ここは北方の孤島。本土に戻るには船が必要だ。途方に暮れる彼に取り引きを持ちかけたのは、島の娘リカだった。金髪で青い瞳の彼女は、バイキングらしく戦いの装束に身を包み、女だてらに剣を携えていた。リカは、自分と結婚すれば本土まで船で送ると言う。なにやらきな臭いけれど、ジョージは拒むことができなかった。氷のような彼女の魅力にとらわれ始めていたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ブラウン,デブラ・リー
1997年からロマンス小説家を志し、ハーレクイン・ヒストリカルの『処女の泉』でデビュー。地質学者として北極で働いた経験があり、アルプスやシェラ・ネヴァダ山脈をたびたび訪れる冒険好き。カリフォルニア州出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ヴァイキングの誇り (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幸せな結婚など存在しない、夫というのは妻を殴るもの―それが再婚した母を見て育ったロザモンドの考えだった。夫となるロベール卿に会う前に彼女の遠縁にあたるアレイナに会いにガストンベリーを訪れたときも、その考えは揺るがなかった。アレイナの夫の領主リュシアンは無愛想で口が悪く、守備隊長のアグレイヴァーはヴァイキングの巨人。どちらもロザモンドの目には恐ろしげに見えた。しかし意外にも、アレイナは夫を怖がっていないようだし、アグレイヴァーはロザモンドに親切だった。それに彼に見つめられると、なぜか体のなかが熱くなる。ロベール卿と結婚すれば、きっと殴られるだろう。そして夜な夜な屈辱的で不快な行為を強いられるのだ。でも、もしその相手がアグレイヴァーなら…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネイヴィン,ジャクリーン
米メリーランド州に夫と幼い子供三人とともに住む。心理学者として個人の診療所を開くかたわら、執筆にも精を出している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

金髪の守護神 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
スウェン・シューアドソンは、遠くノルウェーから海を渡り、丘を越えてウェールズ辺境地帯までやってきた。見上げるほどの巨体、そして淡い金髪。彼はまさに北欧の美神だった。戦いと女を好む彼にとって、気ままな暮らしは性に合っていた。それを変えたのは、たまたま訪れたひとつの村だった。そこには、たぐいまれな技術を持つ、エナメル細工師アナがいた。輝くように美しいアナは、自分の数奇な運命を疑いもせずに受け入れ、教会に奉納する十字架や聖遺物入れを作りつづけている。天から授かった才能ゆえに彼女が危険にさらされていると知って、スウェンはとるべき道を悟った。これからはアナを守る―命をかけて。だが、アナを保護する修道院が、スウェンに忠告した。彼女の才能はその処女性によるもの、よって汚されてはならない、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シュルツェ,シャロン
米ニューハンプシャー州の出身、コネチカット州に夫とティーンエイジャーの息子と娘、ミニチュアダックスフントとともに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

反抗的な花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
母の領地を訪れたレイヴンスフォード伯爵は、図書館で偶然、盗みを企てる男女の声を聞いた。許せないことだが、なぜか女の声に強く惹かれる。まるで猫が喉を鳴らすような、低く、麗しい声だ。やがて、母の新しい使用人メアリー・マーガレットこそ、その声の持ち主だと確信した。伯爵はロンドンへ戻ることになり、すべてを隠して、メアリー・マーガレットが同行するよう計らう。どうにかして、この機会に本性をあばいてやりたい。だが彼女はなにかにつけ逆らってばかりの、扱いにくい女だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
デボン,ジョージーナ
米アリゾナ州のツーソンで暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛の調べによせて―王家の伝説〈3〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
何世代にもわたり、宿命に翻弄されつづけたペレイユ家。だが十四世紀初頭となった今、いわくあるその血も薄れ、夢を追うことより、現実を生きることこそがむずかしい。唯一の肉親であった兄を謎の男に殺されたジュヌヴィエーヴは、復讐を誓って、故郷の地モンサルヴァを離れた―祖父から贈られたリュートだけを道連れに。ペレイユ一族の死を願う者がいるとすれば、それはパリにいる国王をおいてほかにない。手をくだしたあの黄金色の髪の暗殺者も、きっとパリにいる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
デラクロワ,クレア
1993年『汚れなき薔薇』でデビュー。間もなくヒストリカル分野のトップ作家となる。ヨーロッパの広範囲を舞台にしたファンタジックな作風が特徴。カナダのトロント在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

華麗なる一手―放蕩貴族の素顔〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エイミーは幼いころからギャンブラーの父親のせいで、蝋燭一本にも困る、つましい暮らしを送ってきた。そんなある日、彼女は宝くじの当たり札を拾った。これを持って一人で家に帰るのは危険だと思っていると、兄の友人のタラント伯爵が現れ、家まで送ってくれるという。彼と一緒ならば安心だわ。エイミーはほっとして伯爵の申し出を受けることにした。しかし道すがら、彼女は自分の思いに戸惑ってもいた。彼は名うての放蕩者であり、ギャンブラーだ。最も危険で軽蔑すべき相手に、安心感を抱いてしまうなんて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コーニック,ニコラ
イギリスのヨークシャー生まれ。ロンドン大学卒業後、いくつかの大学で管理者として働いたあと、本格的に執筆活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

華麗なる陰謀 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ヴェリティ・ハーコートは伯母に誘われて、社交シーズン華やかなロンドンへと向かっていた。彼女は恋愛や結婚にまったく興味を持たない風変わりなレディだ。ロンドンへも、新聞記事のねた探しになるかと思い、伯母にしぶしぶ従ってきたようなものだった。その道中、彼女は偶然、敵国フランスの密偵が、近々ある村で秘密の会合を開くことを耳にしてしまう。ヴェリティは無謀にも単身、密会の現場に乗り込んだ。そこで出くわしたのは、なんと密偵ではなく、旅の途中で彼女に強引にキスをしてきた、無礼な御者だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アシュリー,アン
イギリス中部レスターシャーで生まれ育つ。幼い息子たちを寝かしつけるときに役立った物語を作る才能が、歴史ロマンス小説の分野でも開花した。趣味はガーデニングで、自宅の庭を開放することも。現在は夫と二人の息子、二匹の猫とともにイギリス西南部に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

金髪の守護神 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
スウェン・シューアドソンは、遠くノルウェーから海を渡り、丘を越えてウェールズ辺境地帯までやってきた。見上げるほどの巨体、そして淡い金髪。彼はまさに北欧の美神だった。戦いと女を好む彼にとって、気ままな暮らしは性に合っていた。それを変えたのは、たまたま訪れたひとつの村だった。そこには、たぐいまれな技術を持つ、エナメル細工師アナがいた。輝くように美しいアナは、自分の数奇な運命を疑いもせずに受け入れ、教会に奉納する十字架や聖遺物入れを作りつづけている。天から授かった才能ゆえに彼女が危険にさらされていると知って、スウェンはとるべき道を悟った。これからはアナを守る―命をかけて。だが、アナを保護する修道院が、スウェンに忠告した。彼女の才能はその処女性によるもの、よって汚されてはならない、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シュルツェ,シャロン
米ニューハンプシャー州の出身、コネチカット州に夫とティーンエイジャーの息子と娘、ミニチュアダックスフントとともに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[アキバ中毒のページ] [電子たばこ] [ハロー!江東区!] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [墨田区紀行] [東京ぶらぶら] [美容外科] [高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行]

oooラッキーショッピングooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo 将棋好き好き@千葉ooo 千葉の滝さがしドットコムooo 千葉の醤油ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo ばばっばっ!ばばぁ~馬場の丸撮り~♪ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo うまい米@千葉ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 花ざかり千葉ooo 千葉県の重要文化財一覧ooo 電子たばこooo 上野情報.comooo オーガニック千葉A GO GO!ooo